鎌倉にてリノベーション工事着工

鎌倉のリノベーション 2017/10/11

昨年末よりお打合せなど行っていた鎌倉のコンクリート造集合住宅の一部屋(オーナー邸)のリノベーション工事が始まりました。
リノベーションといっても2階建て+ロフトの1階部分のみのリフォームで、大きく間取りは変えずにキッチン廻り洗面廻りの使い勝手の改良のために1階部分を作り変える計画です。

これが解体工事直前の様子。鉄筋コンクリート造のラーメン工法のため室内に大きく梁と柱が出っ張っているのでその辺のデザイン的な処理も加えます。

解体後。床は既存の複合フローリングを張り替えますが、既存のフローリングが下地合板なしの工法にて張られていたことが判明して床の高さ設定の再検討が必要となりました。

築25年ほどですが、間取りと関係なく架けられている梁の位置が設計上は非常に厄介でしたが、1階床下はたっぷりと空間が空いていて給排水設備の更新は楽にできそうです。