菅沢町の家

交通量の多い道路に面する旗竿状の敷地である。旗竿部分を除いた部分の敷地を最大限に活用しながら3寝室(将来間仕切にて4寝室可)に対応している。小さな光庭を設けることで全ての寝室の採光を法的にも満たすとともに、階段を中央に設けた最も効率のよい間取りとしていて、かつ十分な収納量を確保している。納戸は収納のみでなく書斎や、家事室への転用も可能な広さとしているので、家族構成を限定せずいろんな形で使用可能な間取りとなっている。

計画地
神奈川県横浜市鶴見区
用途
建売住宅
主要構造
木造在来工法
敷地面積
99.05㎡
延べ面積
104.46㎡
完成年月
2006年8月