在来工法浴室とバスコート

大磯の家 2012/07/17

「大磯の家」の浴室。
真っ白なタイルを張った在来工法の浴室です。1坪の大きさのバスコートも設けて浴室からそのまま出られるようにしました。強化ガラスの透明ドアも含めて御主人の憧れのスタイルだったそうです。
透明の浴室ドアというのは大体の場合、女性陣から「見られるのが恥ずかしい」とのことで却下されて半透明ガラスにされてしまいがちなのですが、この家では「透明」のまま採用されました。
確かにお風呂を使っていない昼間などには、広く明るく感じることができるのは良い点ですね。

天井に埋め込んだスピーカーは、バスサウンドシステムというユニットバス用のオプション設備を単品で入手してもらって設置してもらいました。脱衣所の壁に設けたジャックにiPodなどを接続すれば音楽が流せる単純なシステムです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す