フローリングと床柱

府中の家 2015/12/22

『府中の家』の現場。年内はこれが最後の現場打ち合わせとなります。
ナラの複合フローリングが1階から張られています。

茶室の造作部材も現場に納入されています。
当初設計では8畳の茶室で実施設計が終わっていたものが事情により
急遽4畳半の茶室に変更となる経緯がありましたので、少し造作部材の
材種も見直しが必要となりました。
床柱は杉磨き丸太、落とし掛は桐、踏み込み床の地板はケヤキ突板で
今のところ進めています。
31337.jpg

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す