断熱材吹き付け

谷戸坂の家 2016/09/29

『谷戸坂の家』の現場。
断熱材の吹き付け工事が始まりました。吹き付け作業中は他の内部での作業は出来なくなるのと、外壁内の配線配管はその前に先行して置かないといけないので、工程的にはここで一区切りとなります。この吹き付け材が服に付くとなかなかとれないらしいので遠くから作業を見守りました。

外部では外壁板張り工事の下地が施工中です。今回の外壁は初めてカラマツの縦羽目板張りですが、2種類の断面形状の板を互い違いに張るタイプで厚みも21ミリあり、実の部分の目地も深く陰影のある板です。隠し釘ではないので一枚だけ外すということもできるのでアフターケアがしやすく、ラフな表面仕上げに工場塗装をしっかりしてあるものの割にそんなに高くはなかったので今後定番化していくかもしれません。
6356.jpg

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す