あえて古いカメラを入手

遊び 2016/10/18

6年以上ハードに使っているデジカメGR-DⅢがそろそろまずそうで、オートフォーカスのタイミングのズレ、遅さが気になり始めていました。何度も落っことしているのでプラスチック部分が欠け、ビスも2個ほど無くなっています。
というわけで新しいカメラを物色していたのですが、最新のハイエンドコンデジ(Canon G5-xには心惹かれます)だと立派すぎて同じようにハードにがんがん使えなさそうなのでここはあえてGR-DⅢと同じくらいの時期に発売されていたGX-200を中古で安く入手しました。レンズの明るさや適当に撮っただけの画像の良さはやはりGRにはかなわないようですが、寄った写真も撮りたくてズーム付のコンデジが欲しかったのです。

3代続けてリコーの同じようなカメラを使うことになりますが、デザインはもちろん電池やソフトも共通で使えるのがとても便利。ちなみにショット数を確認してみると初代GR-Dが約14000、GR-DⅢが約38000、新しく仲間入りしたGX-200が約2800でした。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す